• HOME
  • 目的で探す
  • 症状で探す
  • 病院のご案内
  • 診療科目
  • 部門紹介
  • 採用情報

診療科目

福西会南病院 HOME > 診療科目

診療科目のイメージ画像
  • 外来・担当医師の紹介

内科

内科とは、体を全体的に診る総合的な診療科になります。体の不調や痛み、風邪など、いつもとは違う症状の時に診療します。

また、生活習慣病と呼ばれる糖尿病、高脂血症、高血圧などに関して薬物療法や食事、運動などの生活指導を行い治療します。

内科のイメージ画像

神経内科

神経に関する病気を内科的に治療する診療科です。 脳と脊髄からなる中枢神経、中枢神経から細かく枝分かれしている末梢神経(脳神経、脊髄神経、運動神経、感覚神経、自律神経)、さらには筋肉に起きる炎症や変性、腫瘍、血管障害などを治療します。

対象疾患は、認知症、脳梗塞等が対象となりますが、当院ではとくにパーキンソン病の診療に取り組んでいます。

神経内科のイメージ画像

ペインクリニック内科

ペインクリニック科では慢性の痛みを治療します。痛みがあることで日常生活に支障がある場合に、痛みを軽減し、日常生活を楽しむことができるようにすることが目的です。慢性の痛みとして帯状疱疹後神経痛、脳卒中後の痛み、外傷後の痛み、糖尿病での四肢の痛みなどの治療を行います。

痛みを我慢しても誰も褒めてくれません。ご相談ください。

胃腸科のイメージ画像

整形外科

整形外科は、肩こり・腰痛・関節痛・リウマチ・打撲・捻挫・骨折・外傷など、骨・関節・筋肉・じん帯・腱・神経・骨髄といった人の運動に関わる器官の病気の治療にあたります。

痛みや麻痺、シビレの症状が出ても、原因が神経にある場合は神経内科の担当となります。

整形外科のイメージ画像

リハビリテーション科

整形外科は、肩こり・腰痛・関節痛・リウマチ・打撲・捻挫・骨折・外傷など、骨・関節・筋肉・じん帯・腱・神経・骨髄といった人の運動に関わる器官の病気の治療にあたります。

痛みや麻痺、シビレの症状が出ても、原因が神経にある場合は神経内科の担当となります。

リハビリテーション科のイメージ画像

もの忘れ外来

もの忘れ外来では、ちょっとしたもの忘れが病的認知症によるものかどうかを早く発見し、適切な治療に繋げられるように、専門医による診察、神経学的検査、神経心理検査、画像検査などを用いて、総合的な診断治療を行います。気になられる方はご相談ください。

  • 毎週木曜日(8:50〜12:00)
  • 予約制(受診の際はご家族の付き添いをお願いします。)

※初診の方は事前に受付窓口へご相談ください。
※ご家族の症状にお気づきの方もご相談ください。

認知症簡易チェックシートをご活用ください

もの忘れ外来のイメージ画像

受診する診療科目が不明な方へ

どの診療科を受診していいか分からない方は、
受付にてご相談ください。

その他のイメージ画像
  • 外来・担当医師の紹介